目のお灸はじめました。

眼精疲労だけでなく、

瞳のうるおいUP、
目の下のクマ、
目の周りの小じわにも効果の高い
「目のお灸」を始めます。
最近、
蒸気が出るホットアイマスクをはじめ、各家電メーカーから目を温めるアイケア製品が多数販売されていますね。
PC・スマホ操作、デスクワーク等で目を酷使し、疲れている人が本当に多いので、これらの製品が売れる理由がよく分かります。
目の疲れが首や肩のこり、頭痛の原因となっている場合もありますし、
目を酷使し過ぎることが、自律神経の乱れ、気力・集中力の低下、ストレスと繋がっていることも多いです。
では、目を温めることはどういう効果があるのでしょう?
①目の周りの血流がよくなり、筋肉の緊張がほぐれる。
長時間近くを見続けていると、目の筋肉(毛様体筋)が緊張状態のままになっています。温めることによって、血流がよくなり筋肉が緩みます。血流がよくなるとクマも薄くなります。
②ドライアイを防ぐ
温めることで、涙腺の血流が改善されるため、涙の分泌を促す効果があります。
③副交感神経にスイッチが入り、リラックスモードになれる(自律神経調整作用)
眼球をコントロールする筋肉には、
外転神経、滑車神経、動眼神経が関わっており、
その中の動眼神経は、目を動かす以外に、レンズの厚みを調整してピントを合わせる働きや、瞳孔を収縮させてレンズに入る光の量を調整する働きも担っています。
この神経が副交感性の神経なので、目を温めることで、スイッチが入り、リラックスモードになれるのです。(実際、家族全員試してみましたが、みんな寝てしまいました笑。)
お灸の熱には湿度があるため、より深く熱が浸透するのが特徴です。
目を温めることで気持ちまでリラックスできて、身体までぽかぽかしますよ。
目のお灸には、専用の特別なお灸を使用します。チョコレートみたいで可愛いでしょ。
注意
・目が充血していたり、炎症がある時、急性の痛みを感じている場合は使用できません。
・緑内障等、目の疾患がある場合、妊娠されている方は使用はできません。
・つけまつげ、まつげエクステンションをされている方も使用できません。
詳しくはお尋ねくださいね。
ぜひ一度効果を体感してみてください。
うちだ治療院 内田明日香

ブログの最近の投稿

こんな症状にお悩みなら
一度ご相談ください。

  • 肩こり・腰痛

  • 頭痛・眼精疲労

  • 生理痛・月経前症候群

  • 冷え・自律神経失調

  • むくみ

電話番号
:080-8534-6301

(診療時間 9:00〜18:30)

ご利用のブラウザでは正しく動作しません。
Google Chromeなどの最新のブラウザをダウンロードし当サイトをご利用ください。